堕落ディザイアー

家でだらだら映画を観ながらスナック菓子片手にお届けする映画ブログ

人間としてのアドルフ・ヒトラー 『ヒトラー 〜最期の12日間〜』感想

ヒトラー ~最期の12日間~ (字幕版)

第二次世界大戦を引き起こした狂人・大罪人として知られる独裁者ヒトラー。あまりにも惨い民族虐殺を行なったことから、完全無欠の「悪」として歴史にその名を刻んでいます。

 

本作はそんなヒトラー「人間」としての部分に大きくフォーカスを当てた映画です。戦争映画というよりは、ヒューマンドラマと言った方がいいでしょうか。

 

ヒトラーが怒りを撒き散らす会議シーンがネット上で動画素材として大人気になっている作品でもあります。「大っ嫌いだ!」「おっ◯いぷる〜んぷるん!」「ダサいし!」という風に聞こえる空耳絶叫の数々で有名ですね。

 

 

 

第二次世界大戦の終盤、ドイツが負ける寸前の時期を舞台に、地下施設に避難して壊滅寸前のドイツ軍を指揮したヒトラー。最終的には妻とともに自害して戦地に葬られた彼の、最期の12日間が描かれます。

 

その最期の日々は周りの将兵に当たり散らし、どうにもならない戦況の中でヒステリックをまき散らしながら憔悴していくという惨めなもので、一般人から政界に踏み込んで大国を支配し、周辺国を蹂躙する勢いすら見せた伝説的な独裁者だったとは思えません。

 

実際のこの場に秘書として居合わせていた女性の証言をもとに作られている映画で、作中に登場するヒトラーの周囲の人物(付き従っていた参謀や将軍、秘書や侍官に至るまで)は皆実際に地下壕にいた人々です。その言動や行動もある程度事実に基づいているのでしょう。

 

 

 

そんな秘書の視点を描いた本作。そこに映るヒトラーは紛れもなく狂った独裁者である一方で、女性に親切に接し子どもたちに優しく声をかける一人の老人でもあります。

 

兵として動員されている子どもたちが並ぶ場では民族の未来を担う彼ら一人一人を慈しむような表情を見せ(動員してる時点で鬼畜ですが)、側近として仕えるゲッペルスの子どもたちには「アドルフおじさん」として慕われる様子すら見せます。

 

メイドとして食事を作る女性には「美味しかった。ありがとう」と声をかける場面もあり、そういえば彼は女性には常に礼儀正しく接していたという話を聞いたことがあるのを思い出しました。

 

 

 

だから彼がそんなに悪い人間じゃなかったかというと決してそんなはずはなく、多くのユダヤ人を虐殺する指揮をした張本人である事実は変わりません。ただ、一般的には絶対悪のアイコンとしてしか知られていないアドルフ・ヒトラーという男がどんな人間だったのか、どんなことを話しどんな振る舞いをしていたのかがある程度正確に描かれた貴重な作品だと思います。

 

ふつうにしていればちょっと表情が暗いけど親切で穏やかな老人のヒトラー。そんな一面がピックアップされるからこそ、戦争や民族の話になると火ぶたを切ったように怒り狂って怒鳴り散らす彼の豹変ぶりが印象的です。

 

何がこの老人をここまで狂わせるのか。残酷な虐殺行為に駆り立てるのか。それを知ること、ヒトラーという人間を知ることは、彼が引き起こした悲劇を繰り返さないためには必要なステップなのではないでしょうか。

 

 

 

ある意味ではヒトラーを「いい人間」に描いているようにも捉えられる本作は賛否両論を呼びましたが、歴史を知る上で重要な映画であることは間違いありません。

 

あまりにもブラックでギリギリなコメディ映画として話題になったこちらもおすすめです。悪ノリしただけのブラックジョーク映画と思わせて、いかに簡単に群衆が操られるかを分かりやすく描く地味に恐怖な作品です。

 

続編はまだか 『第9地区』感想(ネタバレあり)

第9地区 (字幕版)

2010年に公開されたSF映画です。難民として地球で暮らすエイリアンたちと地元民たちの対立と、ひょんなことからその狭間で大事態に巻き込まれることになった主人公の悲劇を描きます。

 

 

 

本作が他のエイリアンものと違うのは、なんといってもエイリアンが「虐められる側」にいるという点でしょう。

 

少数の頭のいい支配階級とその他大勢の労働者階級という社会構成で巨大宇宙船で旅していたエイリアンたちですが、病気で船内の支配階級が全滅。取り残された大勢の労働者階級エイリアンは宇宙船の操縦もままならず地球に漂流してきて、流れ着いた南アフリカ共和国で難民として暮らすことになります。

 

彼らの居住区がまさにスラム街。いえ、それよりひどいです。知能が低くて自分たちの知恵で生活することもままならないのか衛生的にも文明的にも極めて劣悪な環境で暮らしています。

 

 

 

エイリアンたちは間の抜けた行動が多いからか、エビみたいな化け物チックでグロテスクな見た目なのになんだか哀れでかわいらしい存在です。

 

地元のギャングに苛められたり食料のキャットフードをぼったくりみたいな値段で買わされていたり、拾った女性ものの服を着ちゃったりと妙にコミカルで憎めません。

 

理不尽に殺されたり遊び半分に殺されたり実験で殺されたり「エイリアンを食うと強くなれる」みたいな地元民の呪術的な噂のために殺されたりととにかく虐待・虐殺される側でかわいそうなエイリアンたちの姿が印象的です。

 

だからこそ後半のクリストファーたちによる逆襲や、傭兵のボスがエイリアンたちに惨殺されるシーンではその惨さにスッキリとさせられます。エイリアンが人間を殺しまくる流れで思わずガッツポーズが出たのはこれと『アバター』くらいです。

 

 

 

主人公・ヴィカスは気の毒過ぎました。何せ、エイリアン強制退去のために来たのに変なエイリアン液を浴びて体が段々エイリアンに変化していくという災難に遭うんですから。

 

最初はエイリアンたちを馬鹿なエビ呼ばわりして迫害していたのに、突然自分が迫害される側へ。その葛藤や苦悩、動揺、色々な心の変化が伝わるとてつもない演技でした。

 

そんな迫真の演技を見せながら、主演のシャールト・コプリーは元々脚本家で偶然主演を務めることになっただけの人だというから驚きです。しかもそのセリフはほぼアドリブだとか。天才かよシャールト・コプリー

 

 

 

個人的に、ただただ続編を願ってやまない映画です。

 

クライマックスでクリストファーは変貌していくヴィカスに「3年だ……必ず戻ってくる……」と言いながら宇宙船を修理して母星に帰っていきます。あれは完全に続編のフラグだと思ったのに。ヴィカスはその後どうなっちゃったんですか。

 

全身がエイリアンに変異しちゃったままヴィカスは待ち続けています。続編で救われるのをきっと待ち続けています。ニール・ブロムカンプ監督はエリジウムやチャッピーもいいけど第10地区を早く撮ってくれ。いつか撮ってくれ。 

 

 

 

およそ30億円というこの手のSFアクションものの相場の1/2~1/3くらいの制作費ですが、低予算を感じさせないVFX、アクションのクオリティです。世界観の奥行きも見事です。

 

社会風刺も重いテーマも入っててストーリー重視で見てもSF映画として大傑作。ニール・ブロムカンプ監督がこの作品で一躍ハリウッドの人気監督の仲間入りを果たしたのもうなずける名作です。

 

だから続編を是非とも。ヴィカスを救ってやってくれ。