堕落ディザイアー

ずっと家でゴロゴロしながら映画を観ていたい

礼儀正しいジャパニーズ文明崩壊 『サバイバルファミリー』感想

邦画としては珍しく本格的な「文明崩壊もの」の映画です。電気が消滅した世界で、安全と思われる妻の実家のある鹿児島の田舎を目指す一家のサバイバルが描かれます。 主人公の鈴木一家はサラリーマンの父を小日向文世さん、専業主婦の母を深津絵里さん、大学…

嫌いな上司はさようなら 『モンスター上司』感想(ちょっとネタバレ)

「それぞれの職場で上司に悩まされている学生時代からの同級生3人が、幸せな人生を手に入れるために上司たちを葬り去ろうとする」というブラックなコメディです。 主人公格ニックの上司はニックが祖母の危篤時に早退しようとしたときですら残業を命じた卑劣…

芸術的な銃撃戦 『ガーディアン』感想(ちょっとネタバレ)

ドイツのアクション映画です。普段ハリウッド作品ばかり観るので他の国の映画は全然詳しくないんですが、ハリウッドアクションとは違う独特の空気感が印象的な作品でした。 これがドイツ映画の特徴なんでしょうか。灰色っぽいというか鉄っぽいというか、映画…

大人でも楽しめる クレヨンしんちゃん映画のおすすめ7選

「クレヨンしんちゃん」と聞いてどんなイメージが思い浮かびますか?子ども向けアニメ、ちょっとお下品、PTAが子供に見せたくない番組ランキング上位…大抵の人はそんな印象があるんじゃないでしょうか。 主人公のしんちゃんが事あるごとにおしりを出したりと…

人間の感情が抑制される・失われる系映画4選

「人間が感情を薬などで抑えられる」というテーマ、SF映画なんかではけっこうありますよね。大抵は「戦争を二度と起こさないために、争いの原因である感情を封印しよう」といった理論が唱えられた近未来が舞台になってます。 今回はそんな映画をまとめてみま…

日本の建築美とハリウッドの映像美の融合 『ロスト・エモーション』感想

SF

リドリー・スコット製作総指揮のSF映画です。 舞台は近未来。戦争で世界のほとんどが崩壊した後、生き残った人類は「感情こそが争いの原因だ」と人間の感情を極限まで抑制します。無感情な人々が淡々と生活する社会が形成され、何らかのきっかけで感情が表れ…

プロペラ機のレトロな空中戦が魅力 『フライボーイズ』感想

戦争映画ではちょっと珍しい第一次世界大戦ものの作品です。多くのアメリカの戦争映画って第二次世界大戦や南北戦争、それか近年の紛争介入がテーマになってる中で、本作では複葉機での戦闘がメインだった第一次世界大戦の空戦というマニアックな題材が使わ…

ザ・下品なアメリカンコメディ 『パージなナイト ブラックさん家の史上最悪の12時間』感想

年に一度、12時間だけあらゆる犯罪が許される『パージ法』が成立した近未来のアメリカ」を舞台にした人気ホラーアクションシリーズ『パージ』。それを徹底的に茶化し尽くしたパロディ映画がこの『パージなナイト ブラックさん家の史上最悪の12時間』です。 …

スケールもアクションも増大 『パージ:大統領令』感想

「年に1度、12時間だけ全ての犯罪が許される『パージ法』が成立したアメリカ」を舞台にしたシリーズの第3弾です。 低予算映画ながら、独特のストーリー設定と狂ったテンションのアクション・暴力描写が話題になってカルト的人気を誇る『パージ』。シリーズを…

小粒だけど良作なお年寄りコメディ 『ジーサンズ はじめての強盗』感想

「退職した会社から年金支給の打ち切りを告げられ、さらに銀行から理不尽な金利を上乗せされた老人たちが『自分たちの年金を取り戻す』という決意のもと銀行強盗に臨む」というお話です。 実は1979年に公開された映画のリメイクなんだとか。展開や雰囲気はコ…