堕落ディザイアー

映画ブログ/音楽ブログ/音楽活動報告ブログです 好きなカテゴリでお楽しみください

人生は物語だ 「6才のボクが、大人になるまで。」感想

2014年に公開されたヒューマンドラマです。そのタイトル通り6歳の少年メイソンが18歳になって家から旅立っていくまでの12年間を、実際に同じキャストで2002年から2013年まで12年間かけて撮影したというかつてない作品です。 大統領の移り変わり、ゲーム機や…

96時間は何故シリーズを重ねるごとにつまらなくなってしまったのか

リーアム・ニーソン主演で、人身売買組織に誘拐された娘を救うため元CIAの父親が奮闘する様を描いたアクション映画『96時間』。 手に汗握るスリリングなストーリーやハイクオリティなアクションが評判を呼び低予算の単発アクション映画としては異例の大ヒッ…

『スターシップ・トゥルーパーズ』は王道青春ストーリーだ

「スターシップ・トゥルーパーズ」という映画をご存知でしょうか。巨大な虫型エイリアンと人類の戦争を描いた、1997年製作のSFアクション大作です。 もう20年も前の作品ながら、フルCGの巨大エイリアンが何百何千と描かれ、これまた何百何千の兵隊とガチンコ…

小じんまりしたアドベンチャー 「ビッグゲーム 大統領と少年ハンター」感想(ネタバレあり)

テロリストのミサイルでエアフォース・ワンが撃墜され、フィンランドの山岳地帯に1人取り残されたアメリカ大統領と、それを偶然見つけた地元の少年ハンターが協力してテロリストに立ち向かうサバイバル・アドベンチャーです。 キングコングと戦うイカレ軍人…

「飛行機×◯◯」な映画7選

「飛行機」といえば、映画でもたびたび登場する定番の舞台です。 地上から離れたはるか上空。そんな逃げ場のない密室のシチュエーションを自然にお手軽に用意できる便利さは、多くの脚本家に重宝されてきました。特に飛行機と何かのジャンルを組み合わせれば…

オデッセイ×エイリアン×ゾンビ 『ラスト・デイズ・オン・マーズ』感想(ネタバレあり)

2013年のイギリスのSFホラー映画です。火星で6ヶ月間の調査任務を受け、それがあと1日で終わる帰還間近の宇宙飛行士たちのサバイバルを描きます。 知名度があると言えるキャストは『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』のリーヴ・シュレイバーと「ゴーストライター」…

軽〜く見られるポリス・アクション 『ザ・スクワッド』感想

2015年に製作されたフランスのアクション映画です。代表作「レオン」や、最近ではトヨタのCMで実写版ドラえもんを演じたことで有名なジャン・レノが主演を務めています。 内容はいわゆる刑事サスペンスもの。ジャン・レノ演じるヤンキー系刑事がリーダーを務…

映画の印象的な道連れシーン5選

アクション映画において、人の死はつきものです。戦いの場である以上、敵も味方も多く死んでいきます。 その死の形は様々で、目立つ派手な死を迎える者もいれば、その影でひっそりと死んでいく脇役もいます。速やかで安楽な死を迎えるか、惨たらしい死を迎え…

おいしいとこ取りの災害・航空パニック 『フライト・クルー』感想

2017年製作のロシアのパニック映画です。 資源採掘のために作業員やその家族が暮らしていた島が火山噴火で全滅の危機に陥り、救助のためにそこへ駆けつけた航空機とそのクルーたちがサバイバルする様を描きます。 前半では登場人物の紹介がてらその人間ドラ…

超個人的・続編を早く観たい・観たかった映画6選

続編・シリーズという文化は映画界で広く使われていますね。好きな作品と内容の繋がった続編はファンにとっては嬉しいものです。中には「ワイルド・スピード」「ミッション・イン・ポッシブル」「エイリアン」「バイオハザード」「スター・ウォーズ」等々ご…

ハリウッドPOVホラーの王様 『クローバーフィールド/HAKAISHA』感想

ニューヨークのマンハッタンに突如現れた謎の巨大生物が街を蹂躙する中、その真下を逃げ惑う市民の逃亡劇を手持ちカメラの視点から描いたモキュメンタリー(ドキュメンタリー風に作られたフィクション)作品です。 POV(Point Of View)という、一人称視点で撮影…

両足からマグマにダイブ 『ボルケーノ』感想

90年代後半は名作パニック映画が多いですね。『インディペンデンス・デイ』『アルマゲドン』『ツイスター』『ディープ・インパクト』等々…… 『ボルケーノ』はそんな有名大作がひしめく時代において、それらと比べるとちょっと地味ながら「火山パニック映画」…

宇宙・星を舞台にしたおすすめSF映画4選

SF映画の定番と言える舞台はいくつかありますね。未来、電脳世界、パラレルワールド……そして「宇宙」も主要なテーマの一つです。 酸素がない、逃げ場がない、そんな過酷で恐ろしくて美しい世界である宇宙。どこまでも真っ暗な真空、未知の風景が続く異星、機…

人を見かけで判断した末路『グッドネイバー』感想(※ネタバレ)

頑固で偏屈な意地悪爺さんとして近所でも有名な隣人に若者2人がドッキリを仕掛けるところから物語は始まります。その内容は「ハイテクな仕掛けの数々を駆使して心霊現象(っぽいこと)」を起こし、爺さんが怖がるかどうが隠しカメラで見守る」というかなり悪…

終始漂う異色さ 『ダークレイン』感想

メキシコのホラー?サスペンス?ミステリー?はたまたコメディ?なのか、とにかくジャンルを形容し難い映画です。 終始白黒の画面で今どきの映画にも古い映画にも見える不思議な雰囲気が終始漂っていました。最初は古典的なミステリ小説のような物語が繰り広…

建前と現実の境界 『ボーダーライン』感想(※ネタバレあり)

2015年に公開された、麻薬戦争を生々しくリアルに描くクライムサスペンスです。 FBI捜査官の主人公を演じるのはエミリー・ブラント。『オール・ユー・ニード・イズ・キル』でトム・クルーズと共演したことで有名です。戦う強い女性の役が多いイメージです。 …

世界の終わりと始まりが平行して描かれます 『オートマタ』感想(※ネタバレあり)

スペインのSF映画です。最近話題の「ニーア・」の方とは何の関係もありません。テーマは近いかもしれないけど。 近未来・荒廃した世界・人工知能・人型ロボット……と、この手のSF映画好きな人の好物が一通り揃っていますね。ですが評価は高くも低くもなく、「…

ダニエル・ラドクリフの真骨頂 『アンダーカバー』感想

2016年のアメリカのサスペンス映画です。あの『ハリー・ポッター』シリーズのダニエル・ラドクリフ主演。今回彼は白人至上主義の過激派団体に潜入するFBI捜査官という、魔法使いの少年と比べるととんでもない落差のある役柄を演じています。 最初こそまだま…

かつてE.T.を見ていた子どもたちへ 『モンスタートラック』感想(※一部ネタバレ)

2016年のモンスターコメディ?映画です。ほっこりアットホームなファミリー向け映画でした。 田舎町の石油採掘所の地下、油田から飛び出してきた数匹の未知のモンスター。もし新種の生物が地下にいることが分かったら環境保護のために採掘を禁じられてしまい…

シニカルな文学オルタナティブミック こんにちは谷田さん

僕がボカロを本格的に聴き始めた頃から大好きなボカロPさんです。「こんにちは谷田さん」がお名前なので敬称をつけるとこんにちは谷田さんさんになりますね。略してこん谷さんと呼ばれていらっしゃいます。 オルタナティブロックを主軸にポストロック、シュ…

実は王道の青春バンド映画? 『スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団』感想

2010年のアメリカ映画です。コミック原作らしいので区分としてはアメコミ映画ですね。原作は日本版も発売されてます。こんな感じの漫画です。 売れないバンドマンの主人公スコットがクールで個性的で可愛い女の子ラモーナと付き合うことになるも、それを邪魔…

無表情な疾走感 Pity Sex

www.youtube.com アメリカのミシガン州、アナーバー出身のオルタナティブ・ロックバンドです。大学時代の先輩に教えてもらったのがきっかけで彼らを知りました。 男女ツインボーカルの切ない響き、分厚くて暖かみのあるギター、ゴリゴリに歪んだベースが好き…

『ソーセージ・パーティー』はただ馬鹿にされていい低俗映画じゃない

ここ最近話題になっているアニメ映画『ソーセージ・パーティー』。R-15指定を受けるほどの下品な表現やグロテクスな描写が最大の特徴です。 その最低最悪としか言いようのない表現の数々のせいでこの映画の世間での評価は専ら「下品なバカ映画」というもので…

部屋を真っ暗にして皆でワイワイ観たいホラー映画4選

もうすぐ夏が来ます。夏といえば何を思い浮かべますか? お祭り、海、プール、キャンプ、夏休み、かき氷、お盆、帰省、風鈴、そして、 ホラー映画です。 友だち皆で集まってワイワイキャーキャー言いながらホラー映画を観る夏も良いものですよね。というわけ…

夢から覚めるとき 『ソラニン』感想

今さらながら映画『ソラニン』をやっと観ました。バンドものなのになんで今まで観てなかったんだろう。 とにかく感情移入しまくってしまってやたらめったらに心臓に刺さってくる映画でした。 一般的なバンドもの映画とはだいぶ雰囲気が違いました。音楽メイ…

新曲 『悪い夢を見た』

www.nicovideo.jp ボカロ新曲を公開しました。タイトルは『悪い夢を見た』です。素敵なイラストはöcomeさんに描いていただきました。 テーマは曲名にも表れてるように「悪夢」です。孤独感や劣等感に追いつめられてぐちゃぐちゃになる思考、焦り、諦めなんか…

皮肉たっぷりに踊るギターボカロック はるふり

www.youtube.com はるふりさんというボカロPさんが好きです。正確にはボーカロイドではなく、ボカロのように合成音声を編集するUTAUというソフトを主に使ってらっしゃるUTAUPさんですね。重音テトはUTAU界の初音ミクのような代表格です。この重音テト歌唱の…

軽快にハッピーに跳ね回る The Jungle Giant

www.youtube.com オーストラリアの4人組インディーポップバンドです。キャッチーです。ポップです。軽やかです。良いですね。 向こうのインディーズシーンではよく知られてるバンドだそうです。オーストラリアは自主活動のようなインディーズシーンがけっこ…

じゃあ僕がボカロ曲10000再生を達成するためには何をすればいいんだろうか

それなりに注目や応援のお声かけなんかも頂いたこちらの記事からの関連の話になります。 www.daraku-desire.com 本日(2017年6月2日)に新曲投稿ということもあるので、上の記事で目標のひとつとして掲げた「ボカロ曲10000再生/マイリスト数300」という数字を…

生死を分ける数分 『THE WAVE/ザ・ウェイブ』感想

ノルウェーの災害パニック映画です。起伏の激しい山岳地帯の隙間にある小さな町を舞台に、巨大津波の恐怖を描いています。 ノルウェー映画を見た事はほとんどなかったし、ましてやノルウェー産パニック映画なんて初めて見ました。非現実的な派手さを追求する…

バイオレンス足長おじさん 『ドント・ブリーズ』感想(結末ネタバレ)

2017年上半期の注目度No.1ホラーでしたね。 ろくでもない親の元から妹を連れて逃げようとしている女の子が逃走資金を稼ぐために2人の友だちと一緒に泥棒に入ります。侵入先に選んだのは大金を溜め込んでいるという噂の、一人暮らしをしている盲目の老人の家…

自力でご飯を食べていけないか、やってみます

先日こんな記事を書きました。 www.daraku-desire.com これは別に「辞めちゃいました〜ほんと僕ってダメなやつだよねわっはっは。ドンマイドンマイ」と言うだけのために書いたわけではなくて、今回の話につなげるつもりでの暴露でした。 実は最近密かに「好…

三度笠 『男なら一国一城の主を目指さなきゃね』1巻 感想

三度笠(さんどがさ)さん著のライトノベルです。いわゆる異世界転生ものですね。不慮の事故死後に記憶はそのままにドラクエ的なファンタジー世界に飛ばされて、中世ヨーロッパ並みの文明の中を現代知識を活かして生きていく、というお話です。 この手のジャン…

ボカロPをやっています

僕のTwitter経由でこのブログに来ている人には今さらな話だと思いますが、無名ながらボカロPとして細々と活動しています。 一応自分の代表曲と呼べるのがこちら。 再生数2000ちょっと、マイリスト数(ブックマークのようなもの)60代半ば。数字でいえば無名…

ガチの戦車魂を感じました 『ガールズ&パンツァー 劇場版』 感想

2015年のアニメ映画です。ネット上でプチ社会現象化した人気アニメの劇場版です。遅ればせながら観ました。公開当時は萌え系アニメの劇場版としては異例の大ヒットで急遽上映館が増やされたりと結構な話題になりました。興行収入24億超えてたんですね。半端…

気だるげな世界観に沈みたい Now,Now

www.youtube.com 数年前、サムネイルから漂う彼女の雰囲気になんとなく魅力を感じてこのスタジオライブ映像を再生したのがNow,Nowとの出会いでした。 シューゲイザー要素を含むオルタナティブロック・インディーロック。シンプルなサウンドで奏でられるテン…

入社1ヶ月も経たずに仕事辞めちゃったんですよね

タイトル通りです。先月の終わり頃のことです。やっちゃいましたね。 入社から1ヶ月経ってませんでした。とても人に言えるような行いじゃありませんね。自分としてもまさかこんな早く辞めるとは思ってなかったしもうちょっと頑張れるつもりだったんですけど…

演出力の勝ち 『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』 感想

2016年の映画です。ジャンルはミステリーアクションとかになるのかな? 2013年の映画『グランド・イリュージョン』の続編です。前作でチーム「ホースメン」を組んでマジックを応用した完全犯罪を成し遂げた4人の天才マジシャン達が再集結します。 まずキャス…

背景のある音楽 mol-74

www.youtube.com 最近話題を集めてるバンド、mol-74です。元々知る人ぞ知る的なバンドだったのがここ最近のハイペースなMV公開で俄然注目されてるように見えます。「もるかる まいなす ななじゅうよん」と読むそうです。「かる」の部分がどこなのか未だに解…

深く作り込まれた世界観に惚れる映画です 『BLAME!』 感想

2017年公開のSFアニメ映画です。テレビで紹介されてるのを見てなんとなく気になってたら、なんと劇場公開とNetflix同時公開だそうで勢いでNetflixで観てしまいました。 超巨大な機械都市を造ってそこで暮らすようになった人類。元々全ての人間が都市の中枢機…

コジマ店員を観ながら思うゲーム実況の価値

「ゲーム実況」というと今ではその道でアイドル並みの人気・知名度を誇る人もいて、職業としても成立する一大動画ジャンルですよね。 「ただゲームで遊んでるだけ」と揶揄されることも多い活動ですが、 ・ゲームをプレイしながら延々と一人で喋り続ける(しか…

意外な黒幕とオチは嫌いじゃない 『レポゼッション・メン』 感想

2010年のSFアクション映画です。 機械式の人工臓器の技術が発展した近未来で、臓器のローン支払を滞納している顧客から臓器を強制回収する「回収屋」の主人公を描くお話です。主演は人気ハリウッド俳優のジュード・ロウ。さらにフォレスト・ウィテカーやアリ…

Web漫画 『とあるフリーターの日常』 が生々しくて面白い

ペイント漫画保管庫 こちらのサイトで連載されてるWeb漫画『とあるフリーターの日常』が独特で面白いです。 そのタイトル通り一人のフリーター男の日常生活を描き続ける漫画ですが、途中で選択肢が表れるのが新しいです。読者の選択で主人公の行動が変わって…

今までの人生を思わず振り返りました 『ミスター・ノーバディ』 感想

2009年のフランス・ドイツ・カナダ・ベルギー合作の作品です。ジャンル分けが難しいです。ファンタジーとも人間ドラマともSFともミステリーともとれます。どの要素も含んでます。 久しぶりに引き込まれて離れられないような映画を見ました。圧倒的な映像世界…

英雄潭のその後 『ハドソン川の奇跡』 感想

2016年のドラマ映画です。実際にあった飛行機事故とその後の物語を描いています。 アメリカの旅客機が両エンジンが止まる非常事態に陥ったにもかかわらず、ハドソン川に着水して乗客乗員全員が生還という奇跡に近い事故でした。当時ニュースで話題になったの…

切ないギターの音色が響くオルタナ・シューゲイザー ナカノイズ/nakanoise

2012年から活動されてるバンドです。邦楽オルタナティブロック・シューゲイザーなサウンドに甘いウィスパーボイスの組み合わせが好きです。 www.youtube.com 分厚いバッキングと空間的に広がるリードのフレーズが気持ちいいです。ベースとドラムのリズム隊が…

もしゾンビが大発生したらどう生き残るか

「ゾンビ映画」といえばホラー映画の一大ジャンルのひとつです。一度死んだ人がウイルスやら何やかんやで復活して、本能的に肉を追い求める化け物となって人々を襲い、咬まれたり引っ掻かれると感染してその人もゾンビに……というお決まりのパターン。 悪趣味…

退廃的で渋いかっこよさに満ちています 『ザ・ウォーカー』 感想

2010年のSFアクション映画です。核戦争後の荒れたアメリカで、ある一冊の本を運ぶ男の旅を描いています。いわゆる「文明崩壊もの」というやつで、北斗の拳やマッドマックスみたいなバイクに乗った暴徒がヒャッハーしてるような暴力の世界が舞台です。 主演は…

本当に夜電気を消せなくなります 『ライト/オフ』 感想

※予告編もかなりビビらせてくるので苦手な方は閲覧注意です。 2016年のホラー映画です。日本でもけっこう大掛かりに宣伝されてたので名前は聞いたことがある方も多いと思います。 暗闇の中でだけ姿が見える悪霊のようなものに襲われる家族を描いたお話です。…

アート的な映像の世界観が良かったです 『ギヴァー 記憶を注ぐ者』感想

2014年のSF映画です。小粒ながら不思議な映像美が素敵な映画でした。 主演の若手俳優ブレントン・スウェイツは『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』でジャック・スパロウの相棒役に決まっている期待の新人だそうです。 他にもアカデミー賞受賞経験の…