堕落ディザイアー

映画ブログ/音楽ブログ/音楽活動報告ブログです 好きなカテゴリでお楽しみください

伊坂幸太郎 『終末のフール』 感想

伊坂幸太郎さんの『終末のフール』という本が好きです。人類を滅亡させるレベルの小惑星が地球に衝突するまであと3年、という状況を生きる人々を描いた物語で、主人公がそれぞれ違う短編が集まって一冊に収められています。

 

舞台は郊外の団地で、1話ごとにそこに住む人々にスポットが当てられてそれぞれの生活、考え方が描かれます。「『8年後に小惑星が地球に衝突します』と報道されてから5年後の世界」ということで、終末パニック映画にありがちな暴動やら治安悪化やら物資不足やらはある程度収まって以前のような日常が戻っています。

 

「実際に8年後の小惑星衝突が確定事項のように明らかになるのか」とか「今から政府がシェルターを作って備えるなり小惑星迎撃の準備をしたりはしないのか」などの細かい疑問は丸々置いといて、つまりは「人類全員が一律余命3年」という奇妙な世界とそこで生きる人々を描きたかったんでしょう。

 

 

 

各話の主人公たちは生き方も考え方も様々で、普段通り暮らす人、終末世界でも新しい出会いを見つけて幸せになろうとする人、「世界滅亡の前にあいつだけは殺してやる」と復讐に走ろうとする人までいてまさに十人十色です。

 

個人的には、いくつかの話で脇役として登場したスーパーマーケットの店主が好きでした。正気かどうか少し疑わしいけど地域の人たちのために食料供給を維持しようとする姿勢はヒーローっぽくて好きです。「キャプテン・スーパーマーケット」をネタにしてたけど読んだ人のうち何人が分かるんだろうあのネタ。

 

人類滅亡が迫ってる中でも家族を引き裂いた過去の問題に縛られてる初老の男や、寂しさを埋めるように色々な人の母親や姉の代理のようなことをしている女性、3年後には死んでしまうことが分かってる中で授かった子どもを産むかどうか悩む若い夫婦等々、どれもいかにもこういう状況で実際にありそうな話です。

 

世界滅亡が迫る中でお金や信者を集めても意味がないのに詐欺っぽい人類救済を謳う団体や、娘を一人残して心中してしまった夫婦、「小惑星で死ぬくらいなら」と一家心中しようとする家族なんかは、なんでそんな事、と思ってしまいます。そんな一方で、明確な余命宣告をされた人間がどんな精神状態になってどんな行動をするかなんて僕には分からないから「そんなもんかな」とも思えました。

 

 

 

こういう話を読む度に思うのは「自分だったらこの登場人物たちの中のどのポジションを選ぶんだろう」ということです。臆病で神経質で甘ったれた自分はあと8年で人類ごと死ぬと言われたらどんな行動をするんでしょうか。寿命が3年後に迫った中でどんな暮らしをしてるんでしょうか。

 

案外穏やかに平和に親しい人たちとのんびり暮らしてるかもしれません。それか最初のパニックの時期に暴れて警官に射殺されて早々に退場する側かもしれません。もしくはビビッてあっさり首を吊るんでしょうか。

 

実際そんなことにならない限りは自分がどうなるかなんて分からないし、その時近くに誰がいたか、どこで何をして暮らしていたか、みたいな外側の要因で自分の考えや行動なんて大きく違ってくると思います。一人で寂しく暮らしていたらきっと欲望丸出しで暴れる側になるだろうし、家族や恋人みたいに大切な人がいたらその人たちとの暮らしを残りの期間守ろうとするでしょうし。

 

 

 

こういういわゆる「終末世界もの」って好きなんですよね。各々好きなように今を生きていて、それで不安定ながらもバランスが保たれて世界が回ってるのって危うい美しさがあります。

 

というか世界なんて元々不安定なものなんだろうし、そういう真理が目に見えて分かりやすく描かれていてなんか好きです。今も地球滅亡の前みたいな争いを抱えてる国だってあるし、経済が破綻した国だってあるし、小惑星が落ちなくても日本では毎年3万人自殺してるし、僕らの世代の将来は暗いし。

 

そんな中でもなんとなく世の中は回ってるし、日本はまあ平和だし、早々に社会が崩壊することもありません。作中でも度々出てくる言い方ですが「そんなもんかな」と思わされます。

 

 

 

この世の中の姿を分かりやすく描いたようなストーリーが好きで、今でも時々読み返してしまう一冊です。