堕落ディザイアー

映画ブログ/音楽ブログ/音楽活動報告ブログです 好きなカテゴリでお楽しみください

Web漫画 『とあるフリーターの日常』 が生々しくて面白い

ペイント漫画保管庫

 

こちらのサイトで連載されてるWeb漫画『とあるフリーターの日常』が独特で面白いです。

 

そのタイトル通り一人のフリーター男の日常生活を描き続ける漫画ですが、途中で選択肢が表れるのが新しいです。読者の選択で主人公の行動が変わって、バッドエンドを迎えたりその後の人生のルートが変わったりします。そしてルートが変わるごとに「とある◯◯の日常」と別漫画として話が進みます。

 

どのルートでも、怠け癖があるけど根は真面目な主人公が色々なことに挑戦して成功したり失敗したり途中で投げ出したりしながら人生を歩んでいきます。メインストーリーの「とあるフリーターの日常」は今でも更新が続いていて、主人公の一歩ずつの地道な人生がまだ続いてます。

 

 

 

最初はニートの主人公が決心してアルバイトに応募するというところから始まります。ニートとして初登場時の主人公(仁井 透=にい とおる、というそのままな名前です)の思考のクズっぷりが妙にリアルです。妄想だけの自信に溢れて社会を舐め腐ってるところがいかにもな悪いタイプのニートで丁度よくイライラさせられます。

 

そしてそんな中でもちらほら前向きで真面目な性格が見え隠れするのも良いです。たくさんの悪いところとほんの少しの良いところのバランスが読者に決定的にまでは嫌われないギリギリのラインを攻めてきます。

 

 

 

そんな主人公・透が選んだ「ゲームのデバッカー(テストプレイでバグを探すアルバイト)」という仕事に就いて少しずつ精神的に鍛えられ、成長していく様子がやたらとリアルで生々しくてハマります。

 

主人公の透も彼を取り巻く仕事仲間や友人・家族も皆とにかく人間臭くて、彼らの行動の行く末が気になって一気に読んでしまいます。エンタメとしての漫画ではなく本当に一人の人生の記録を追ってるような生々しい展開が個性的です。作者の実話じゃねえのこれ、と思ったりします。

 

透の一つ一つの行動や思考が人間的で「わかるわかる」と感情移入してしまいます。バイトで実績を出して舞い上がったりちょっとしたことで落ち込んでバイト自体投げ出そうとしたり、でもまたちょっとしたことで気を持ち直して出勤したり。副収入を得ようとサイドビジネス的なことを始めたと思ったら普通に飽きて辞めたり。

 

透の周りの人たちとのやり取りもまた人間臭くてそれが妙に魅力的だったりします。意味深な言動を意味もなくやる奴や改心しかけて結局変わらない不良とか、漫画的に考えれば盛り上がりのために変化がある場面で「でも現実はこんなもんだよね」とでも言うように何のイベントもないまま終わる場面も多いです。

 

日常の中での出来事についても、明らかにまずいことが起こるフラグから何も起きなかったりいい変化が起こりそうで特に起きなかったりと「漫画じゃないんだからそう都合良く色々あるわけないでしょ」と言わんばかりの展開の連続です。そういった細かい現実臭い描写が漫画としては異質だしリアリティがあります。

 

 

 

透が資格を取ろうとしたり副業を始めようとして怪しい情報商材に手を出したり動画投稿してみたりと、いわゆる「ダメ人間」とされる人たちがやりそうな人生逆転チャレンジを一通り試すところが共感できます。自分もダメ人間だから透の思考や心理がやたらと理解できます。意識高いし実行に移す第一歩くらいまでは行ける行動力もあるけどとにかく継続する辛抱強さが無いところが正に「真面目系クズ」です。

 

メインストーリーでの透のバイト「デバッカー」の描写が細かくて奥が深いところも地味に見所の一つです。そういう仕事があるということは知っていましたが、「素早く的確にあらゆるバグを見つけて、発生状況からその原因を突き止める」という業務はとても「ゲームするだけの楽なバイト」とは言えません。最初はそういう認識で入社した透が苦労するところも少しずつ経験を重ねてセンスを磨いていくのもリアルです。ここらへんの細かい描写は作者の実体験も入ってそう。

 

 

 

徹底して現実的な描写や展開は読んでいて引き込まれる一方で、自分の悪い部分と重なって妙に辛くなったりします。犯罪者ルートなんかは普通に鬱漫画といっていいレベルでどんよりした気持ちになります。

 

サイドストーリーはどれも大体完結していますが、デバッカーフリーターとしての透の人生はまだまだ続いているのでこれからどんな展開でどんな結末になるのか楽しみです。