読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

堕落ディザイアー

皆で堕ちれば恐くない

コジマ店員を観ながら思うゲーム実況の価値

「ゲーム実況」というと今ではその道でアイドル並みの人気・知名度を誇る人もいて、職業としても成立する一大動画ジャンルですよね。

 

「ただゲームで遊んでるだけ」と揶揄されることも多い活動ですが、

 

・ゲームをプレイしながら延々と一人で喋り続ける(しかもその喋りが面白くないといけない)

・BGM・字幕・カットなどの編集でテンポの良い動画に仕上げる

 

と結構な特殊技能が必要なお仕事だと思います。特に「一人で滑ることなく聞いていて飽きられないような話術でひたすら喋る」というのは絶対僕にはできない特殊能力なので尊敬します。僕だったら画面の向こうの皆様に対して人見知りしてモジモジして黙っちゃう。

 

 

 

僕は普段ほとんど実況を観ることもないし追ってるような実況者さんもいないんですが、唯一時々動画をチェックする実況者さんに「コジマ店員(@kojimatenninn)」という方がいらっしゃいます。

 

主に海外のおどろおどろしくてグログロしたホラーゲームを実況されてる方ですが、その特徴がホラーゲームをスポーツ実況の如きハイテンションでプレイし続けるという点です。

 

こちらはそのコジマ店員さんの名作として知られてるシリーズです。「本当に実況してみた」のタイトル通り野球実況を更に過剰にハイテンションにしたようなノリでゲームのエンディングまで駆け抜けます。全14回のこのシリーズを僕は3周くらいしました。

 

 

 

動画でコジマ店員さんはお決まりの「プレイボオオオオオオル!!!」というかけ声に始まって、「くだらねえwww」って苦笑できるギャグをひたすら終始喋り続けています。ホラー演出を茶化しまくり、ふざけたBGMで緊張感を壊し、時にはどうみても逃げるべき場面でわざと敵に突撃していくような捨て身のボケをかましてくれます。ホラーゲームの画面を見ていることを忘れてしまう、笑いに溢れた騒がしい実況です。

 

 

 

そしてそんなコジマ店員さんの実況ですが、僕は決して毎回常に集中して観てるわけではないです。ちゃんと最初から完結まで観たのはそれこそ上に貼ってるサイレン:NTシリーズくらいじゃないかな。

 

こういうゲーム実況動画ってテレビ代わりになるんですよね。そういう目的でゲーム実況を観てる人も多いと思います。僕も専ら何かお勉強や作業をするときのBGM・賑やかしにさせていただいてます。

 

 

 

基本家に一人でいることが多いので、そういうときに「隣で賑やかに喋ってる人がいる」っていう状況が欲しくなるときがあるんですよね。集中して急ぐような作業じゃないときは部屋が静か過ぎて嫌だから賑やかさが欲しい。そういうときに横で楽しげに喋り続けてくれるのがゲーム実況者さんというわけです。

 

ニコニコ動画だと画面にコメントが流れ続けるしこういう実況動画はジャンルの特性上コメントが多めなので、更に「隣に誰かがいてくれる」感が増します。友だちの部屋に集まってだべってる感覚に近いです。

 

あとコジマ店員さん普通にビビって「う"お"お"お"お"お"ちょっちょっちょっちょっまっちょっまっ!!!」みたいなでかい声出すので定期的な刺激で眠気覚ましになります。ヘッドホンしてると尚更。そりゃあビビりますよね一応ホラーゲームしてますもんね。

 

 

 

動画を作った実況者さんへの礼儀としてはもっと集中して観た方がいいのかもしれませんが、こういう「テレビ代わりに観てる」「一人暮らしで賑やかさが欲しいときに流してる」みたいに生活の中に入り込めると再生数が収入に繋がる動画投稿者としては強いですよね。リピーターがついて定期的に何回でも再生してくれるってことになるし。

 

そんなわけで、賑やかしを得てる僕も再生数が増えるコジマ店員さんもwin-winかな、と思って僕は彼の実況をテレビのように流しています。

 

 

 

そんなことをふと思って書き綴ってる今も別ウィンドウでコジマ店員さんが元気に喋ってます。