堕落ディザイアー

映画ブログ/音楽ブログ/音楽活動報告ブログです 好きなカテゴリでお楽しみください

背景のある音楽 mol-74

www.youtube.com

 

最近話題を集めてるバンド、mol-74です。元々知る人ぞ知る的なバンドだったのがここ最近のハイペースなMV公開で俄然注目されてるように見えます。「もるかる まいなす ななじゅうよん」と読むそうです。「かる」の部分がどこなのか未だに解明できない。

 

聴き入るハイトーンボイスが何よりの特徴です。最近流行の少年らしいボーカルとはまた違った、透き通って溢れる流水のようなファルセットです。綺麗な歌声です。ひたすら綺麗。

 

バンドとしてもそのボーカルを主軸に据えて曲作りがされてるみたいですね。徹底したシンプルなサウンドで、音の派手さではなく緻密に構成された曲展開で盛り上がりを作っています。とんでもないバランス感覚だと思います。

 

www.youtube.com

 

彼らのキャリアの前半で公開されてる曲はどこかひんやりした世界観が共通してるように見えます。「北欧っぽい」と時々言われていたのを目にしましたが、まさにそんな感じ。ジャンル的に北欧っていうよりは空気感がそう。空が白んできた秋の早朝の冷たい空気に触れてるような音楽です。

 

そしてMVで描かれる風景がとにかくその曲とぴったりマッチしてます。以前読んだインタビュー記事でボーカル武市さんが曲から思い浮かべられる景色や時間・温度などのイメージにかなりこだわりを持っている、という話をされてました。どの曲もその後ろにはそれぞれの風景が浮かんでいます。

 

期待の新鋭・mol-74が語る「音楽のファストフード化は悲しい」 - インタビュー : CINRA.NET

 

 

 

www.youtube.com

 

ここ最近公開された曲は以前とはまた違ったイメージ・色が見えます。透き通る淡い青色の風景に、赤みが差してきたような感じです。そしてその背景に明確なイメージが見えることは共通して徹底されてます。

 

歌声やシンプルな音色の構成などサウンド面の聴き所もさることながら、メロディのキャッチーさも一貫して魅力的な要素の一つです。どの曲も歌メロが記憶に残ります。楽器との調和も完璧で一切の無駄なく洗練された完成度だと思います。

 

www.youtube.com

 

最新の曲になるにつれてキャッチーさが増してると思います。武市さん本人もインタビューで音楽性の変化について語ってました。「大衆受けを狙い始めた」「売れ線に走った」とかのネガティブな変化では決してなく、揺るがない「mol-74」という個性の中で新しい色を見せてくれてるんだなあ、と感じてます。

 

 

 

そんなmol-74の新しいミニアルバムがもうすぐ発売です。 予約できるそうです。

 

これまでに4枚の音源を全国流通してます。これはひんやりした音楽性が特徴的だった頃のミニアルバム。 

 

インディーズながら結構な注目度を集めてるみたいだし、この音楽性を保ちながらもっと有名になってほしいです。