堕落ディザイアー

ずっと家でゴロゴロしながら映画を観ていたい

世界の終わりと始まりが平行して描かれます 『オートマタ』感想(※ネタバレあり)

オートマタ(字幕版)

 

スペインのSF映画です。最近話題の「ニーア・」の方とは何の関係もありません。テーマは近いかもしれないけど。

 

近未来・荒廃した世界・人工知能・人型ロボット……と、この手のSF映画好きな人の好物が一通り揃っていますね。ですが評価は高くも低くもなく、「平凡なSF映画」扱いのようです。

 

映像に若干の低予算感があるものの、模型とCGを組み合わせたどこかレトロなロボットたちは独特の魅力があります。ASIMOとかの今ある人型ロボットが発展した先の子孫みたいなロボットでした。

 

物語の内容は『アイ・ロボット』やその原作「われはロボット」なんかの系譜を継いで、「ロボットが感情を持ち、ただの機械ではなくなるとき」を描くものになっています。こういう映画のステレオタイプの枠内に収まって特別目を見はるような点はあまりないと思いますが、作品全体に漂う退廃した雰囲気やどこか哀れみを感じるロボットたちには個性や魅力を感じました。

 

 

作中のロボットたちに組み込まれた二つのプロトコル「人を傷つけてはならない」「ロボット自身が自己を修復・改造してはならない」はそのまま小説「われはロボット」の「ロボット三原則」に寄せられています。そして自己改造を禁じたこの2つめのプロトコルが、自由と進化を禁じて人間とロボットを明確に区別するラインになっていたんでしょう。

 

ロボットと人間が対立するテーマは大抵、「これまでの支配者だった人間と次世代の支配者としてのロボット」みたいな構図のことが多いです。そして大抵反乱を起こすロボットは悪役であり、鎮圧される存在です。しかし本作では一貫して、あくまでロボットは人間に使役される側で、道具として扱われる側です。人間からしたら彼らは物でしかなく、「被害者」という立ち位置にすらいません。

 

唯一プロトコルを持たずに作られた初期の試作機が主人公に淡々と語る言葉が印象的でした。彼だけが何の制約もなく自我を育て続け、他のロボットを改造して仲間を増やしていたわけですが、一人孤高に世界を見つめながら旅立ちの準備をする様は信念や凄みがありました。

 

環境汚染が続いて人口が減少し続け、どうみてもじり貧で絶滅を待つだけの人類に対して、放射能の中だろうと自然のない世界だろうと生きていけるロボットたち。どちらが種族として生き残っていけるのかは明白ですね。

 

 

 

とっくに限界を迎えている人間を置いて次の世界に行こうとするロボットたちに対して、まだ自分たちが世界の支配者だと信じて振る舞う人間たちがひどく汚く映ります。そしてそんな身勝手な人々と比べて、次の世界を生きるロボットたちと触れたことでそれを理解した主人公から溢れる哀愁が良かったです。

 

自分たちはここまでだと理解して、彼らロボットにはこれからの未来がある、と知ってしまった上で彼が何を思ったのか。この映画はそう秀でた作品ではないかもしれませんが、新世代ロボットのリーダーである初期型の彼と主人公がこれからの世界について静かに会話する様は非凡な名シーンだったと思います。

 

 

 

本作は人類のゆっくりとした衰退の一途が描かれる一方で、新しい世界へ旅立って未来を始めようとするロボットたち=次世代の種族の様が淡々と描かれます。そしてその最後には切ないカタルシスが残ります。とても綺麗な世界の終わりと始まりだと思いました。

 

ロボットSFものだけではなく、終末もの、切ない話が好きな人なら楽しめると思います。

www.youtube.com