堕落ディザイアー

家でだらだら映画を観ながらスナック菓子片手にお届けする映画ブログ

人生は物語だ 「6才のボクが、大人になるまで。」感想

6才のボクが、大人になるまで。(字幕版)

2014年に公開されたヒューマンドラマです。そのタイトル通り6歳の少年メイソンが18歳になって家から旅立っていくまでの12年間を、実際に同じキャストで2002年から2013年まで12年間かけて撮影したというかつてない作品です。

 

大統領の移り変わり、ゲーム機やテレビ、パソコンの進化、そんな物語の背景の変化が、本当に12年もの間彼らが定期的に集まって撮影を続けていたんだと感じさせます。

 

 

 

子役から大人の俳優になるまで1つの映画作品で同じ主人公を演じ続けたエラー・コルトレーンが、かわいらしい男の子だったのに成長するにつれて決してイケメンではないどちらかというとオタッキーな青年になっていくのもリアルです。

 

そして父親役をイーサン・ホークが務めていたのが個人的に衝撃でした。僕が「アサルト13 要塞警察」や「フッテージ」「パージ」で彼を見ていたときも、その裏ではこの映画を撮影していたなんて。

 

こんな気の遠くなるような企画を立て、それを最後までやり通して公開したリチャード・リンクレイター(監督・脚本・製作)の映画製作者魂には脱帽です。もし自分が途中で死んだら代わりに映画を完成させるようイーサン・ホークに頼んでいたというから、この作品に懸けていた情熱の大きさがうかがえます。

 

 

 

ストーリーに大きな事件は何もなく、両親が離婚して姉サマンサとともにシングルマザーの母に育てられる少年メイソンの成長が淡々と描かれます。

 

母親のオリヴィアは何度か新しい男性との出会いを経験して、その度にメイソンも家族が増えたり引っ越したりしますが、結局どの関係も上手くいかずオリヴィアは独身に戻ります。

 

メイソンはそんな複雑な家庭環境もあってか繊細で芸術家志向の文化系青年へと成長し、恋をしたりお酒やマリファナを経験してみたり将来進みたい道(写真)を見つけたりしながら大人になっていきます。

 

そこに大きな変化はないものの、小さな出来事が重なって数年単位でメイソンやその家族の環境・心情が変化していきます。

 

 

 

当初はオリヴィアにも愛想を尽かされる放蕩親父だった父が、再婚して新しい奥さんとの間に家庭を持ち、クラシックカーを手放して実用的なミニバンに乗り換えるなど落ち着いた家庭人になっていく様子が一番印象的でした。

 

メイソンに起きる変化も引っ越しや家族構成の変化・友達との別れや失恋など決して珍しくはないことばかりですが、6歳のお子様だった彼が思春期らしく悩みを抱えたり母の新しい彼氏と不仲になったりと大人になっていく光景は観ているこちらまで「こんなに大きくなって…」としんみりさせられます。親の心境ってこんな感じなんでしょうか。

 

 そして、振り返れば自分にもこんな色々な経験・変化があって大人になってきたんだと思い出します。さらに、そんな人生がこの世の人全てにあると思うとなんだか凄いですね。

 

 

 

ごく普通の人生を丁寧に描くだけでこんなにもドラマになるんだと関心させられる作品でした。そんな説得力も、同じキャストが実際に歳をとりながら12年間演じ続けたからこそ生まれたものでしょう。

 

ここまで壮大な企画のもとに作られた映画はきっともう観られないでしょうね。それくらい凄い映画でした。