堕落ディザイアー

ずっと家でゴロゴロしながら映画を観ていたい

隠しきれないマイケル・ベイ感 『13時間 ベンガジの秘密の兵士』感想(ちょっとネタバレ)

13時間ベンガジの秘密の兵士 (字幕版)

実際に2012年に起きたリビアでのアメリカ領事館襲撃事件を基にした映画です。

 

実話もののリアル路線戦争アクション映画ということで、『アメリカン・スナイパー』なんかと同じグループの映画ですね。前半は『アルゴ』なんかとも似てるかな(こっちは後半はサスペンスより血みどろの戦闘シーンがメインだけど)。

 

 

 

警備方法、人員の数ともに油断しきったアメリカ領事館がテロリスト(というよりはゲリラか民兵)の大群に襲撃されて、現地の警備兵は皆トンズラ、残っているのは領事と数名の護衛だけ……というろくでもない状況に陥ります。

 

救助のために向かうのはCIAの極秘拠点を守っていたプロの傭兵たち。血みどろの戦闘を潜り抜けてなんとか数名を救出することに成功して帰還するも、CIA拠点までが後を追ってきたテロリストたちにばれてしまい、ジリ貧の防衛戦に……というお話。

 

前半では主要キャラたちの紹介のようなエピソードが繰り広げられたりCIAの秘密基地職員たちがどんな任務をこなしているかが描かれますが、領事館襲撃から後半1時間はノンストップで戦闘、戦闘、戦闘です。

 

 

 

殿様外交にすっかり慣れきった領事やその周囲の面々が油断しきっていたり、CIA上層部は動きが遅くて全く事態に対応してくれなかったりといった展開にはやきもきさせられます。

 

他にも味方側の武装勢力と敵対しているイスラム過激派がパッと身じゃ見分けがつかなくて困ったり(アメリカ人からしたら無理もありませんが)、戦闘要員じゃないCIA職員たちが初めて直接的な命の危機に晒されて緊張したり、治安の悪い遠い異国の地で危険な仕事に就く苦労が伺えます。実話ということで余計生々しく感じたのかもしれません。

 

そして見る前の予想より思いの外戦闘シーンがえぐい。爆発で腕が吹っ飛んだり人体がぐちゃぐちゃの肉片になる様子が容赦なく映されます。銃撃戦やカーチェイスもぶっ飛んだ派手さではなくリアル路線で、息の詰まるような緊張感が続きます。

 

その張りつめた空気はまるで本物の戦場さながらのリアルさで、終盤に米軍や味方陣営の武装勢力がCIAの拠点まで応援にたどり着いてくれたときは見ているこっちも1時間ぶりにふうっと息をつけました。

 

 

 

リアル志向の本格戦争映画を目指して作られた映画で、確かに緊迫感は半端じゃありません。しかし、それでも監督マイケル・ベイの趣向がやっぱり色んなシーンで漏れだしています。

 

明らかに「ここめっちゃトランスフォーマーっぽいな……」みたいなシーンが多々ありました。白く弾ける花火みたいな爆発とか。終始画面の彩度がなんかやたら高くて登場人物皆めっちゃ脂汗っかきみたいに見える画面の色味とか。あれは間違いなく確かにマイケル・ベイだった。

 

そしてマイケル・ベイ、「撃たれた民兵が崩れ落ちながら苦し紛れに撃ったロケット弾がめちゃくちゃな方向に飛んでいって後ろのほうで爆発」みたいな構図が好きみたいでやたらと繰り返します。一作の映画の中で何回それやるんだ。

 

 

 

そんなマイケル・ベイの味が出ていたことで、シリアスな実話ながらエンタメ性もほどよくあって重すぎず軽すぎず見やすい映画になっていたんじゃないかと思います。単純にアクション映画好きの人にとっても面白いのではないでしょうか。

 

興行的には成功とはいえないみたいで(だから日本ではDVDスルーになったのかな)今いち地味な扱いの映画ですが、近年の戦争ものとしてもアクションものとしても間違いなく大当たりと言っていい作品だと思います。