堕落ディザイアー

ずっと家でゴロゴロしながら映画を観ていたい

どこまでも救いのない終末感 『フェーズ6』感想(ネタバレあり)

フェーズ6 (字幕版)

2009年のホラー・サスペンス映画です。

 

舞台はアメリカ。致死率100%のウイルスが蔓延して文明社会が崩壊し、わずかな生存者たちは自力でその日を生き残る終末世界が描かれます。

 

物語のメインとなるのはブライアンとダニーの兄弟、ブライアンの恋人ボビー、ダニーの友人ケイトです。4人はブライアンの車に物資を積み込んで移動しながら、人里離れた海辺に行ってそこでウイルスの猛威が収まるのを待つ計画を立てていました。

 

しかし、同じようにその日暮らしのサバイバルをくり広げる生存者がうろうろしている世界で、そう都合よく計画が進むはずもありません。

 

彼らの旅の前には、様々な予期せぬトラブルが巻き起こります。

 

 

 

ウイルス感染系のパニック映画はよくありますが、この『フェーズ6』ほど「終末感」が漂う作品はなかなかありません。

 

終始どんよりした息苦しさが漂っていて、たとえその日を生き延びたところで未来は見えない絶望感が映画全体を包みっぱなしです。作風としてはロードムービー的な映画ですが、こんなにも行く末が暗いロードムービー他にないんじゃないかな。

 

 

 

本作の主人公たち4人の行動は、基本的に主人公らしさはありません。生き残るために誰もがサバイバル=盗みや暴力をする世界では、正義もク◯もありません。

 

正義っぽくないどころか、「幼い女の子連れの親子を見捨てて車で走り去る」「物資を奪おうと他の生存者を襲って撃ち殺す」など倫理的には思いっきりやっちゃいけないことに手を染めます。

 

ですが、作中の状況を思えば、「自分でも同じことするだろうなあ…」と思わされます。倫理や道徳なんて言ってたら野垂れ死んでしまう世界の、個人の正義感ではどうしようもない厳しさが分かります。

 

そういった非情な決断や行動に出るのは基本的には兄・ブライアンなんですが、彼も元の世界だったらちょっと荒っぽいだけの普通の善人だったはずなのになあ…という雰囲気なのがまた救われません。普通の人間が生きるために他人を殺さないといけない終末世界の厳しさが身にしみて感じられます。

 

 

 

そんな「胸糞悪い」この映画において唯一の善人が弟・ダニーなんですが、彼はどうしようもなく残酷なストーリーの中で「できれば自分もこうありたい」という観客の理想が具現化したような「善人」です。

 

感染者でもできれば力になってあげたい、他の生存者とのコミュニケーションもできるだけ穏便に済ませたい。そんな、この手のパニック映画で「正義の主人公」らしい行動を見せてくれます。

 

ですが、そんなダニーにブライアンがぶつける「お前は安全な所から好きに言ってるだけでいいよな」という言葉が印象的です。

 

ダニーは理想的な善人ではありますが、主人公たち一行をそれまで生かしてきたのはダニーの道徳観ではなく、非情で暴力的なブライアンの行動と、彼が定めた、他者を切り捨てる「ルール」です。

 

そのブライアンが重傷を負い、今度はダニーが自分たちを生き永らえさせるために非情にならなければいけなくなる展開は皮肉でした。

 

最終的にダニーがブライアンの決めたルールに従ってブライアンを「切り捨てる」という決断に迫られるのが、この映画の救いようのなさに拍車をかけています。

 

 

 

何か劇的なオチが待っているわけでもなく、終わってみればそこには運よく安全な避難場所を確保できた生存者が残るだけです。そして、振り返ってみれば彼らが生き残るために切り捨てた犠牲者が並びます。

 

そんな何の救いもない結末は、この映画が最初から最後まで徹底的に「終末」を描くものなんだと印象づけてきます。

 

そこに何か深いメッセージがあるわけでもなく、感動があるわけでもなく、「人類が衰退していくときにメッセージも感動もあるか」と絶望感と悲壮感、諦めだけを残してくれる作品です。

 

退廃的な雰囲気・救いのない世界観が好きな人にはたまらない良作です。

 

フェーズ6 (字幕版)

フェーズ6 (字幕版)