堕落ディザイアー

ずっと家でゴロゴロしながら映画を観ていたい

ジェームズ・マカヴォイの演技にただ圧倒される 『スプリット』感想

スプリット (字幕版)

シックス・センス」や「サイン」、「アンブレイカブル」などで知られ「どんでん返しオチの名手」という印象の強いM・ナイト・シャマラン監督のホラーサスペンス映画です。

 

新作を作るたびに酷評が続いていたシャマランでしたが、初心に帰って低予算の小規模映画として製作した「ヴィジット」で評価を盛り返したのは記憶に新しいですね。そんな彼が次に手掛けたのがこの「スプリット」です。

 

ストーリーは「謎の男に誘拐・監禁された3人の女子高生たちが、なんとか脱出しようと戦う」というシンプルなもの。ですがこの映画が普通の誘拐サスペンスと違うのは、誘拐犯の男が「23の人格を持つ多重人格者」だという点です。

 

この多重人格の男・ケビンを演じたのはジェームズ・マカヴォイ。世間的には「X-MENシリーズの若いころのプロフェッサー役の人」として知られてると思いますが、「ウォンテッド」ではひ弱な青年を、「ナルニア国物語」ではタムナスさんを、「フィルス」ではクレイジーな悪徳刑事を演じるなど実はかなりのカメレオン俳優として有名です。

 

 

 

「スプリット」はそんなマカヴォイの演技力が活かされた映画というか、最早ほとんど彼の超絶演技を見るためにあるような映画でした。

 

誘拐や監禁などの実行犯として動く人格「デニス」のときには寡黙で神経質な男にしか見えないし、誘拐した少女たちとの会話役として出てくる人格「パトリシア」のときにはどうみても厳粛な中年女性にしか見えません。

 

そして9歳のわんぱく坊や「ヘドウィグ」のときには本当に年相応のがきんちょになります。朗らかな顔で「9歳だよ!」と自身満々に言うジェームズ・マカヴォイは見ものです。

 

誘拐された少女たちがいかに脱出を図るかだけでなく、互いに会話しあい力関係のバランスを保とうとするケビンの人格たちの静かな戦いも映画のストーリーを大きく左右する見どころです。マカヴォイの圧倒的な演技は、そんな複雑で独特なストーリー運びに説得力を持たせてくれてます。プロの演技派俳優が本気を出すとどれだけ凄いかが伺い知れました。

 

 

 

そんな尋常じゃない存在感のケビンに対抗する主人公の少女・ケイシーも魅力的です。演じたのはアニャ・テイラー=ジョイという女優さん。この映画で初めて知りましたが、リドリー・スコット製作の映画「モーガン プロトタイプL-9」という映画で準主役を演じてるそうです。

 

www.youtube.com

 

日本ではDVDスルーみたいですが、ケイト・マーラトビー・ジョーンズミシェール・ヨーなど実力派が多く出演してるかなりガチな映画です。こっちも気になる。

 

謎が多すぎる誘拐犯ケビンに負けず劣らずケイシーもなかなかミステリアスで、過去に色々抱えてそうな雰囲気がよかったです。パニックになったり怯える友達2人に対してケイシーだけが妙に冷静で肝が据わってる様子はかっこよかったし、その度胸を得るまでの過去の出来事もストーリー展開にうまく関わってきて「よく出来てるな」と思わされました。

 

 

 

根強いファンに支えられながらもちょっと落ち目な感じが否めなかったM・ナイト・シャマラン監督ですが、この映画でやっとキレを取り戻したのかな、という印象でした。歴史に残る名作ではないかもしれませんが、2017年のホラー・サスペンス界を代表する映画だと思います。

 

そしてこの映画のラスト。シャマラン監督作を追ってきた人にとっては衝撃的すぎる結末が待っています。彼の過去作とこの「スプリット」がかなり密接に関わっている伏線なんかも明かされたりして、気づけば気づくほど鳥肌ものです。

 

この映画にシャマランがどれだけ監督人生を賭けていたかが分かりますね。そして本作が興行的にもヒットを記録して続編が決まったことで、彼の思惑も上手く回りだしそうです。シャマラン時代が始まった感がありますね。

 

サスペンスホラーファンなら見るべき、そしてM・ナイト・シャマランのファンは見ることを運命づけられた映画です。ぜひ見てみて。

スプリット (字幕版)

スプリット (字幕版)