堕落ディザイアー

ずっと家でゴロゴロしながら映画を観ていたい

純度の高い緊張感が続くアクションサスペンス 『6日間』感想

www.youtube.com

1980年に実際に起きた「駐英イラン大使館占拠事件」を題材にした映画です。Netflixオリジナルコンテンツとなっています。

 

「ノンフィクション映画として事件をスリリングに描くこと以外に一切興味はない」と言わんばかりに、無駄な人間ドラマもなく迅速に物語が始まります。いきなりテロリストたちが大使館に突入するところからのスタートです。

 

この占拠開始からイギリス軍特殊部隊SASが突入して事件が収束するまでの6日間が、テロリストとの交渉に臨むロンドン警察、突入の計画を練るSASの隊員たち、大使館内のテロリストと人質たち、さらには現場の目の前で取材し続けたBBCのレポーターたちの視点で描かれます。

 

 

 

主人公的ポジションを務めたロンドン警察の交渉人を、イギリスを代表する俳優マーク・ストロングが演じています。主に悪役として有名な彼ですが、今回はタイムリミットが迫る中で事件の結末をできるだけ良くしようと静かに苦悩する冷静なキャラクターが印象的でした。

 

そしてもう一人の主人公であるSASの隊員をジェイミー・ベルが演じていて、前までは「幼さの残る生意気な青年」という印象だったのにすっかり落ち着いた雰囲気のイケメンになっていてびっくりでした。

 

 

 

基本的に実際の事件に忠実に話が進むので、映画としてはかなり淡々としたストーリー進行になっています。極端などんでん返しや特別にドラマチックな出来事はなく、「各機関が意地を張り合って事態をややこしくする」「事件が現場で起きてることを分かってくれない上層部がでたらめな支持をする」みたいなベタな展開もほぼありません。

 

当たり前ですが警察や政府・軍がそれぞれ自分たちのできる最善を尽くして事件に臨む、という光景が静かに粛々とくり広げられます。

 

突入後の戦闘もエンタメ的な派手さは排したリアル志向のもので、銃撃戦の迫力よりも「いかに人質を早く確保して犯人を射殺するか」というミッションがリアルタイムで繰り広げられる緊張感が見どころでした。

 

このシーン、「イラン人職員が多数を占める大使館をイラン人テロリストが占拠」という状況のせいで人質と犯人がごちゃ混ぜになってしまってかなり大変そうです。そんな中で主人公の隊員がとったある判断がかなりしびれました。

 

 

 

映画の冒頭からいきなり占拠事件が始まって事件がひと段落したところで映画が終わるので、約1時間半の間ほとんど空気が張り詰めっぱなしです。現場の緊張感が画面越しにもピリピリ伝わってきました。

 

特にSAS隊員たちの苦労は相当のもので、大使館横の建物でろくに休息もないまま待機し続け、突入に向けたシミュレーションを重ねて、いざ突撃開始…と思ったら事態急変で中止になるなど状況に振り回されっぱなしです。

 

そんなSASと並んで交渉人の警察官・マックスもかなり厳しい役割で、どうにか犯人グループのリーダーと信頼関係を築いて人質の解放や平和的な収束の道を模索し続けます。

 

最初は1日しかなかった人質殺害までの猶予をかなり引き延ばす功労を見せながらも、最後に彼に与えられた役割はきっと本人からしたらかなり報われないだろうな、と思えるものでした。

 

こういう交渉人は実際の事件解決だけでなく時間稼ぎやテロリスト側の情報を引き出すなどの役割も担ってるんでしょうが、一人の人間同士として犯人と一番親しく接しながらも最後は相手が射殺されるのを見守ることになるというのはかなり辛い仕事だろうな、と思いました。

 

 

 

いきなり事件が始まって淡々と解決に向かって進み、最後もまた淡々と収束するというあっさりしたストーリーですが、その無駄のなさのおかげで集中して楽しめました。アクション映画を期待するのではなく、ピリッと張り詰めた緊張感を楽しむサスペンス映画として観たい作品です。