堕落ディザイアー

ずっと家でゴロゴロしながら映画を観ていたい

人間の感情が抑制される・失われる系映画4選

「人間が感情を薬などで抑えられる」というテーマ、SF映画なんかではけっこうありますよね。大抵は「戦争を二度と起こさないために、争いの原因である感情を封印しよう」といった理論が唱えられた近未来が舞台になってます。

 

今回はそんな映画をまとめてみました。

 

リベリオン

www.youtube.com

多分この手の映画の中では一番有名な作品ですね。人間の感情こそが争いの元、という考えが一般的になった未来社会が舞台のアクション映画です。人々は薬によって感情を抑えて暮らすようになり、絵画や音楽などの感情に働きかける芸術が全て禁止された徹底的な管理社会が描かれます。

 

共同体社会のために誰もがロボットのように暮らし、もし感情を持てば死刑…という、典型的なディストピア社会が舞台です。

 

そんな世界観の描写もですが、この映画の一番の見どころはアクションシーンです。作中に登場する「ガン=カタ」という拳銃を使った架空の格闘術は、その後のガンアクション映画の歴史を変えるほどの衝撃を呼びました。

 

公開当時は低予算のB級映画扱いだったのに、コアなファンの多いカルト映画として今でもたびたび話題になる作品です。

リベリオン-反逆者- [Blu-ray]
 

 

ギヴァー 記憶を注ぐ者

www.youtube.com

「戦争や犯罪を防ぐために人類が薬で感情を抑制して暮らすようになった未来社会」という、こちらも超ベタな世界設定のSF映画です。

 

先ほどの「リベリオン」と違うのは、「ギヴァー」では人類の歴史を重要機密として秘匿することで人間が「戦争」という概念自体を忘れ去っている、という点です。選ばれた1人の人間だけが代々人類の歴史を受け継ぐ、という伝承方法をとっている未来社会で、主人公の少年がこの役目に選ばれたことから物語ははじまります。

 

また、「感情を呼び起こす色彩感覚までもが人間から失われてる」という点もこの作品のオリジナリティです。なので、最初は画面がモノクロで、主人公が感情に目覚めていくにつれて徐々に色味が入っていきます。

 

日本ではほとんど話題になりませんでしたが、ジェフ・ブリッジスメリル・ストリープといった名優が出演している隠れた名作SF映画です。主演のブレントン・スウェイツ君も当時は無名でしたが、後に「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」でジョニー・デップの相棒役で有名になってます。

 

アクション要素は薄く、SF版「ハリー・ポッター」のようなティーン向け映画です。原作も児童文学なんだとか。派手さはありませんが、ストーリーも映像描写も丁寧な作りで見ごたえがあります。

 

詳しい感想はこちら

www.daraku-desire.com

 

ロスト・エモーション

www.youtube.com

X-MEN」シリーズで有名なニコラス・ホルトと「トワイライト」シリーズで有名なクリステン・スチュワートが共演したSFラブロマンス映画です。

 

「人類が感情を抑制された社会」という基本設定は他と同じで、時折感情が芽生えた人は「発症者」として治療を受け、最後には安楽死させられる、というディストピア社会が描かれます。

 

アクション要素は一切なく、世界観の描写と登場人物たちの心の動きが緻密に繊細に描かれる超純粋なSFドラマです。恋愛映画としての一面が強く、SF版「ロミオとジュリエット」なんて各レビューサイトでは言われてました。

 

撮影のほとんどが日本で行われたのもポイントで、世界的建築家・安藤忠雄さんの作品が多数登場します。白一色の映像世界はひんやりとしてて印象的でした。

 

詳しい感想はこちら

www.daraku-desire.com

 

インベージョン

www.youtube.com

ちょっと他の作品とはテイストが違うんですが番外編として紹介します。「盗まれた街」という名作SF小説の4度目の映画化作品だそうです。

 

墜落したスペースシャトルにひっついて微生物のようなエイリアンが地球に侵入し、人間の体内に入り込みながら増殖して徐々に人類を支配しようとします。寄生された人は自我を乗っ取られて感情を失ったような状態になってしまい、周囲の人々がどんどん寄生されて迫ってくる…というSFホラーです。

 

感情を失ったふりで感染者の集団をやり過ごしたり、感染後は睡眠をとることで自我を乗っ取られるので必死に眠らないようにしたり、と少し独特な戦いが描かれて、絵的には地味ながらけっこうハラハラドキドキさせられます。

 

主演にはニコール・キッドマン、さらにメインキャストの一人として「007」に抜擢される前でまだあんまり有名じゃなかったダニエル・クレイグも出演してます。

インベージョン(字幕版)
 

 

まとめ

以上、人間が感情を失う様が描かれるSF映画のまとめでした。こうしてみると意外と有名作では少ないテーマなんですね。

 

作品ごとに同じ題材でも描き方や演出が全然違っていて面白いです。同じ世界観を持ちながら、全く別ジャンルの映画に仕上がってます。

 

どれもSF映画好きならきっと楽しめる良作なので、ぜひ見比べてみてください。